<ご祝儀バッグの規則正しいやり方>

ご祝儀鞄の書き方や、お札の入れ人物って、各回「どうするんだっけ?」と困りませんか?
今回はご祝儀鞄のふさわしい書き方、お札の入れ人物などをご紹介します。

①お札は新付箋を用意する。
新付箋を来れることには、「新郎新婦の初々しい門出を歓喜講じる」に関してが含まれているんですよ。

②ご祝儀鞄は、毛筆か筆鉛筆で書く。
ご祝儀鞄に姓名辺りを書く際は、毛筆・筆鉛筆・サインペンを使用します。
インクや墨がないといった失礼なので、深い色合いできちんと書きましょう。

③表書きの連名は、三方までしか書かない。
連名でご祝儀を手渡すところ、四方以上に至る時は、
水引の下にCEO人間の人名を書き、その左手に「他みなさん」といった書き添えましょう。

CEO人間以外の人名は、別のペーパーに記入し、中袋に入れておきます。

④中間鞄の表側中央に、給料を書く。
給料は「漢記録」で記入しましょう。

⑤中間鞄の裏、左下に自分の人名・エリア・便りナンバーを書く。
新郎新婦はここを見て謝辞を取り出す工程をします。
必ずや記入しておきましょう。

ご祝儀のマナーは何かと細いですが、至って要所だ。
マナーを守って、新郎新婦の門出を歓喜してあげましょう。「ミュゼは予約取れない!」てホント? 噂の真実を徹底検証!